iPhoneの電池持ちを良くするには

###Site Name###

iPhoneは様々な機能を持つ高性能な端末ではあるものの、小型の本体に内蔵されているバッテリーで動くため、稼働できる時間は限られています。

何も考えずに使っていると外出先でバッテリー切れになることも多いので気をつける必要があります。

すぐに減ってしまうiPhoneのバッテリーに関しては、無駄なアプリを終了させることで対策できます。



アプリは起動させておくと、バックグラウンドでも通信を行うことがあります。

そのため使っていないつもりでも立ち上がっているだけでバッテリーを消費させてしまいます。
これを避けるには、使わないアプリはその都度終了させることが大事です。

多くのアプリを開きっぱなしにしておくと、バッテリーの消費を早めるだけでなく本体の動作も重くする原因にもなります。

使ったら必ず終了させる癖を付けるようにするとよいでしょう。



画面の明るさを変更するのも、iPhoneのバッテリーを長持ちさせるのに効果的な方法です。

スマートフォンのバッテリー消費の多くは、液晶画面の点灯によるものが占めています。



購入時は明るく設定されているのでバッテリーの消費も早く、これを少し暗くするだけで持ちを良くすることができます。
画面の明るさは、ホーム画面にある設定をタップすることで変更できます。
暗くし過ぎるとかえって見づらくなることもあるので、自分がよく使う状況に合わせて最適な明るさを設定してください。操作しない時に消灯するまでの時間を短くすることでも、バッテリーの節約が可能です。